神戸市のマッサージ・整体は「かとう鍼灸整骨院」へ

ホーム ≫ 自賠責保険の手続き

自賠責保険の手続き

交通事故治療の自賠責保険の手続き

例)「むち打ち治療」の場合…。

ステップ1 事故発生

不幸にして事故が発生した際、まずは警察へ連絡、次に加害者加入の保険会社へ連絡します。 被害者であるご自身が自動車保険などにご加入されているのなら、ご自身の保険会社に連絡することが必要になってきます。 この時、警察への連絡をおこたってしまうと、交通事故そのものを立証できなくなってしまう可能性もありますので、必ず連絡してください。

ステップ2 病院で診断書を発行してもらう

万全の治療体制を整えるためにも、整形外科や総合病院で医師の診断を仰ぎ、診断書を発行してもらいましょう。その時、必ずご自身のケガをした箇所のことが正確に書かれているかどうかの確認をしてください。もし診断箇所の漏れがあった場合、後になってご自身の治療の際に不利益が生じたり、もう一度その病院に行って診断書を再度発行してもらう必要が出てくることもあります。

例)首と手首それに腰を負傷しているのに、首の負傷だけが診断書に記載されていない。
など…。

ステップ3 警察署(所轄=事故地域を管轄する)へ届け出る

事故が起きた地域を管轄する警察署へ行き、ご自身が負った事故を
『人身事故』扱いにしてもらいます。この人身事故扱いをおこたると、「物損事故」の扱いとなり、ご自身の治療活動に差支えが生じる可能性があります。

ステップ4 加害者の保険会社へ連絡

加害者が加入している保険会社の人身事故担当者に連絡を入れ、『かとう鍼灸整骨院』に通院することを伝えます。

ステップ5 「かとう鍼灸整骨院」へ

すべてのご連絡が終わったら、改めて「かとう鍼灸整骨院」へご連絡ください。当院から各保険会社へ連絡・確認をした後、施術を開始させていただきます。

※何かわからないことがあるようでしたら、かとう鍼灸整骨院に何でもお尋ねください。当院スタッフが丁寧にお答えいたします。

ミニコラム ~自賠責保険~

自賠責保険とは…

自賠責自動車損害賠償責任保険のこと。
国が「交通事故にあった被害者が泣き寝入りすることが無いように、必要最低限の補償を受けられる」ように、始めた保険制度を言います。
この保険は、すべてのバイクや自動車に加入が義務付けられているため、別名「強制保険」とも呼ばれます。
ここで注意していただきたいのが、「自賠責保険は、物損事故には適用されない」ということです。つまり警察へ人身事故の届けを出さない限り、「自賠責保険」の適用を受けることが出来ないという点です。
交通事故でケガを負われたら、必ず「人身事故」として警察に届け出てください。

自賠責保険の慰謝料(傷害事故)

1日あたり ・・・ 4,200円
被害者の方が受けたキズの程度で、慰謝料の対象となる日数が決まります。
ただし限度額は120万円となっており、この範囲で慰謝料が支払われることを覚えておきましょう。

院案内

診療案内

  日/祝
午前
午後
【診療時間】
午前 08:00 ~ 12:00
午後 16:00 ~ 20:00
【休 診】
木・土曜日の午後
日曜日、祝日

松本院

松本院地図
〒652-0045 
神戸市兵庫区松本通5-1-1
・地下鉄西神・山手線「上沢駅」
・神戸電鉄有馬線「湊川公園駅」 
共に徒歩7分

上沢院

上沢院地図
〒652-0046 
神戸市兵庫区上沢通7-1-15
ハイライフ上沢Ⅷ 1F
・地下鉄西神・山手線「上沢駅」
 東口出てすぐ
>>上沢院ホームページ

ページトップへ