鍼灸・はり治療 神戸市兵庫区

ホーム ≫ 鍼治療

鍼治療

はり(鍼)治療について

かとう鍼灸整骨院では、伝統的な「はり(鍼)治療」を洗練された現代の清潔基準と技術で、患者さんの慢性的な苦痛を取り除くお手伝いをいたします。

特にこんな方に「はり治療」がおススメ!

  • 長年の慢性的な「肩コリ」それに関係した「頭痛」
  • 長年の慢性的な「関節」「腰」などの痛みやだるさ
  • 交通事故やスポーツで負ったケガの後遺症の痛み  など…

はり治療の効果

ツボを「はり(鍼)」でやさしく刺激すると血行が良くなり、
弱った箇所は活動的に、こわばって硬くなった箇所はやわらかくなります。
このように患者さんが本来持っている自然治癒力に働きかけ、健康な身体をとりもどします。

東洋医学の考え方では、「痛みは血行障害の表れ」と言われます。
身体のどこかの箇所が痛んでいると、ゆっくりした動きになったり、時に動かせなくなることもあり、それが原因で血行不良がおこり、さらに痛みが強くなる悪循環を生み出します。

はり(鍼)治療は手指で届かない身体の深部や、全身のすみずみに張り巡らされた気脈・血脈に直接働きかけることができる治療なので、痛みや苦痛に対し即効性を望めます。
鍼治療により痛みが緩和されると、身体の動きは自然と軽くなり血行も自然とよくなります。すると更なる活発な身体の動きと血行改善に繋がり好循環を生み出します。
またこれは、患者さんの精神にも良い影響を与えることになります。

かとう鍼灸整骨院で使っている鍼について

鍼治療は、痛みがほとんどありません。

みなさんの中には「はり(鍼)=注射 怖い 痛い」そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?当院に来院される患者さんの中にも、当初は「怖い」「痛い」というイメージを持たれる方が大勢おられました。
しかし実際、鍼治療の施術を行うと「施術されているが、痛みは感じない」「施術されている感覚がほとんどない」という方がほとんどです。
通常使用する「はり(鍼)」は髪の毛よりも細い直系のものを使います。そのため、痛みを感じる「痛覚」や「毛細血管」を刺激することはほぼありません。
また現代の鍼治療では、「刺さない」「痛みを感じにくい」ことを特徴とした施術もあります。
鍼治療に対するご不安があるようでしたら、当院スタッフにどんなことでもお気軽にお尋ねください。

鍼の安全性について

かとう鍼灸整骨院で取り扱っている「はり(鍼)」はすべて、「使い捨て」(ディースポーザブル)タイプです。 一度きりの使い捨てですから、感染症の心配はありません。
医療機器は日々進歩しています。当院は患者さんの心配に配慮し、常に最高の安全と高品質の機器を選びご提供し続けることをお約束いたします。

鍼の種類

毫鍼(ごうしん)
太さ0.16ミリ程度の鍼、その細さは髪の太さほどの極細です。

接触鍼(身体に刺さないタイプの鍼)
身体に刺すことなく、皮膚をなでる・こする・接触するための「はり(鍼)」です。刺さないので、刺痛そのものはまったくありません。大半の方が心地よさを覚える施術で、乳幼児や痛みに敏感な大人の方の中には、接触鍼だけで治療を進める方もおられます。

その他の鍼
刺絡(しらく)打鍼(だしん)などの鍼を症状やケースに応じて使い分けています。

小児鍼(しょうにしん)

かとう鍼灸整骨院では、生後1か月~12歳程度までの小さなお子さんでも受診できる、「小児はり(鍼)」の施術も行っています。小児鍼は、大人の鍼治療のように鍼を刺すことはありません。 「ローラー鍼」や「いちょう鍼」と呼ばれる専用の鍼を使って、お子さんの肌の表面を優しくさすって刺激します。


ローラー鍼

いちょう鍼

小児鍼治療はこんなお子さんにおススメ!

  • おねしょが治らない…。
  • かんの虫夜泣きで困っている。
  • 鋭敏すぎる神経で寝つきが悪く、小さな音でもすぐ目を覚ます…
  • 子どもに似つかわしくない険しい目や眉間にシワが常によっている。

小児鍼治療は、こんな効果が期待できます

お子さんのストレスを解消し、精神的なリラックス効果を与えることでさざまな症状を抑えます。

鍼治療についてご不明な点やご質問がありましたら、当院スタッフにお気軽にお尋ねください。

院案内

診療案内

  日/祝
午前
午後
【診療時間】
午前 08:00 ~ 12:00
午後 16:00 ~ 20:00
【休 診】
木・土曜日の午後
日曜日、祝日

松本院

松本院地図
〒652-0045 
神戸市兵庫区松本通5-1-1
・地下鉄西神・山手線「上沢駅」
・神戸電鉄有馬線「湊川公園駅」 
共に徒歩7分

上沢院

上沢院地図
〒652-0046 
神戸市兵庫区上沢通7-1-15
ハイライフ上沢Ⅷ 1F
・地下鉄西神・山手線「上沢駅」
 東口出てすぐ
>>上沢院ホームページ

ページトップへ