pagetop

TOP

MENU

TEL

MAIL

MAP

神戸市兵庫区でなかなか良くならない痛みや痺れ、肩こりや骨盤の歪みにお悩みなら|かとう鍼灸整骨院

かとう鍼灸接骨院

保険適用

交通事故治療

駐車場完備

ご予約、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
電話0120-652-058 午前 08:00 ~ 12:00 午後 16:00 ~ 20:00

ブログBlog

カッピングにはどんな効果がある?肩こりやダイエットにも効く?

2018年08月30日

「カッピング」は最近メディアでも取り上げられていることもあり、興味を持たれる方が、より一層増えてきました。今回は、当院でも行っている「カッピング」という治療方について説明します。

 

カッピングとは?

カッピングと言われてピンとくる人は多くはないと思います。カッピングは吸い玉や吸角など多くの言い方があり、西洋医療(現在の医療)のみならず東洋医療(はり・きゅうなど)にも昔からある治療法です。

カッピングは専用のカップを使い、皮ふを吸引することでより体の血液循環を良くする治療法です。

カラダの皮ふにカップを当て、ポンプを使い人工的にカップ内を真空状態にします。真空状態になるとカップ内が陰圧になり皮ふを吸い込みます。

主な治療効果は、血液の流れを改善・血液をきれいにする・免疫力がアップする・お肌のアンチエイジング・整腸効果・老廃物の排出などがあります。

最近では、オリンピックやワールドカップなどの国際競技選手や、国内競技選手が試合前にカッピングをして身体を調整して試合に臨むことが多くなってきています。

どういう症状に効果があるのか

使い過ぎによって筋肉が固くなって起こる『肩こり』や『腰痛』。デスクワークなどでエアコンが効いた中で同じ姿勢でいることによる『足の冷え・むくみ』。『立ち姿の時に猫背になっている』『椅子に座っている時に丸くなっている』事によって「食べたいけど食べられない・食べたくない」といった『食欲不振』や『便秘』『生理痛』などに効果が見られます。アトピーの湿疹の痕(あと)にも効果が期待できます。

 

痛みの原因とカッピングの関係とは?

ここでは体の構造と痛みが出る理屈を簡単に説明させていただきます。皮ふは表皮(お肌の事)・真皮・皮下組織と区別されます。その下から骨までの間に脂肪・筋肉・血管・神経・リンパ管などがあります。

今から話しをする痛みの理屈は筋肉によって引き起こされるものと思ってください。

日常生活において繰り返し同じ動作をすることによって、同じ筋肉ばかり使うようになります。使い過ぎた筋肉は、今よりももっと大きくなろうとします。

その際に筋肉の中に傷ついた細胞や乳酸などの老廃物が溜まっていきます。溜まった老廃物が原因で筋肉は大きくなりきれず、固くなってしまってしまうのです。

筋肉の中を走る血管やリンパ管・神経は通常では筋肉の圧迫を受けません。しかし固くなった筋肉の場合は、圧迫を受けるために血管・リンパ管は狭くなり、栄養がたくさん入った血液と老廃物が入った血液の交換ができず、体の細胞に栄養を送りとどけ難くなります。その結果、神経が過敏になり神経を介して脳に痛みとして信号を送ります。

カッピングは皮ふを吸い上げ、血管を広げて血管の内外の血液を皮ふ近くまで吸い上げるだけでなく、痛みの原因になっている筋肉の中にある血液と老廃物までも一緒に吸い上げていきます。

その結果、心臓から栄養分がたくさん入った血液が流れてきて、組織・細胞内の血液循環を改善していきます。吸い上げられた血液は毛細血管から静脈に入って心臓に戻っていきます。

圧迫を受けていた神経は自律神経を介して、固くなっていた皮ふ・筋肉・血管へ緊張を解くように指令を出して、通常時に戻るようになっていきます。

お肌のアンチエイジングは皮ふを吸い上げられることにより、皮ふに軽度の刺激が加わります。この刺激が皮ふの細胞を活性化するようになり、お肌のターンオーバーが促進され、回数を重ねるごとにお肌がきれいになっていきます。

 

カッピングのメリットは

はりやお灸のような痛みや熱さの恐怖感がなく、気持ちよく受けて頂けることです。カッピングの色を診るだけで今の自分の体調が把握し易いのもメリット。つらい症状を解消するだけでなく、肌のアンチエイジングや老廃物の排出といった相乗効果も期待できます。

 

デメリットは

カッピング後のあとが残りやすいのがデメリットと言えます。場合によっては1週間ぐらいあとが残ることもあります。

しかし、この痕(あと)の色で健康状態をみることもできます。ピンク色に近ければ体調は良い方で、赤黒い色に近ければ体調は良くないです。

ですので、カッピングを行う際は今の体調と先の予定を見て施されるのをお勧めいたします。あと、お肌への負担もあるので施術中にいやな痛みが出る際は我慢せずに担当者までおっしゃって下さい。

カッピングが受けられないのはどんな時?

カッピングが受けられないのは下記のような状態にある時です。

・熱が出ているとき

・お酒を飲まれた後

・食事を取られた直後

・極度に衰弱しているとき

カッピングが受けらるかどうかは、今の体の状態がどうかで決まります。

また妊娠されている方に関してですが、当院ではお母さんの健康と赤ちゃんの健康を考慮して安定期に入るまでは腰から足にかけての施術を行わないようにしております。妊娠中の方は肩こりに対してはカッピングをすることが可能です。

 

カッピングの料金や時間、回数は?

患者様の症状に応じて金額は¥500-または¥1500-と変わります。

1週間に1回のペースで、1回約15分、計8回を目安に患者様の症状の回復を考えております。

また、当院では鍼灸治療も行なっているので、症状によってはカッピングと鍼灸治療を併用して行う事をお勧めいたします。

 

>>カッピング・セラピーの詳細はこちら

産後骨盤矯正のご案内

新着ブログ

「ひよこクラブ」赤ちゃんを持つお母さんを応援する整骨院として紹介されました!! LINE Instgram KID’S ROOM VOICE お客様の声 BLOG かとう鍼灸整骨院オフィシャルブログ

お役立ち記事一覧

ご予約、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。
電話0120-652-058 午前 08:00 ~ 12:00 午後 16:00 ~ 20:00