pagetop

TOP

MENU

TEL

MAIL

MAP

神戸市兵庫区でなかなか良くならない痛みや痺れ、肩こりや骨盤の歪みにお悩みなら|かとう鍼灸整骨院

かとう鍼灸接骨院

保険適用

交通事故治療

駐車場完備

ご予約、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
電話0120-652-058 午前 08:00 ~ 12:00 午後 16:00 ~ 20:00

ブログBlog

女の子座りは骨盤に悪い?気を付けたい座り方は?

2020年02月17日

座り方のひとつ「女の子座り」ですが、女性にしかできないと言われたり、骨盤が開くと言われたりしています。

今回は女の子座りと骨盤の関係について解説したいと思います。

※ネット上には様々な情報がありますが、この記事はあくまでも当院の骨盤矯正を担当する者の考え方です。

 

女の子座りとは

女の子座りとは、その名の通り女の子をイメージさせる可愛い座り方のことです。

正座の状態から足を外側に開いて、お尻を床につけた座り方です。

膝を曲げるまでは正座と同じです。大きな違いはお尻を足の上に乗せず、床に直接お尻を着ける点です。

女の子座りのことを『アヒル座り』とも呼ぶこともあります。アヒルは足を後ろに出して座るので、足を外側に開く姿が似ていることからアヒル座りと呼ばれるようになったそうです。

 

女の子座り(アヒル座り)の座り方

まず通常の正座座りをします。膝の前に手をついて軽く前傾し、お尻を少し浮かせます。曲げた足を両外側に開いて、お尻を床に直接着けます。

そのままでは膝が閉じた状態なので、膝同士の間を握りこぶし1つ~2つ分の幅に広げられたら、その座り方が女の子座り(アヒル座り)です。

 

女の子座りをすると骨盤が開く?

結論から申し上げますと、当院では女の子座りが骨盤の開く原因に直結するとは考えていません。

ネットの情報を調べますと、女の子座りが骨盤の開く原因になると書いてあるページも確認できます。ただ当院では、悪い座り方とは考えていません。

まずは骨盤が広がるメカニズムから説明します。

骨盤には身体の前側にあり左右の恥骨同士を繋ぐ「恥骨結合」と言う部分と、身体の後側にあり背骨の下方の仙骨と左右の腸骨を繋ぐ左右の「仙腸関節」と言う部分があります。この3ヶ所(恥骨結合・左右の仙腸関節)が広がることを、一般的に「骨盤が広がる」と言います。

妊娠中の女性は、赤ちゃんの出産に向けてリラキシンと言うホルモンが分泌されます。

このホルモンの作用は筋肉や靭帯を緩めることです。筋肉や靭帯が緩むことで、骨盤が開きやすい状態となり、出産ができるのです。

出産時には赤ちゃんが骨盤を通り産まれてくるわけですから、骨盤が開くのは当たり前です。もちろん、帝王切開の方でも骨盤は広がっています。

それぞれ骨盤の広がる場所が違うだけで、どんな出産方法であっても、赤ちゃんをお腹の中で大きく育っている過程で骨盤は広がっています。

 

話しを戻しまして、女の子座りですが、なぜ当院では女の子座りが骨盤を広げる原因ではないと考えているかを説明します。

女の子座りをした場合、骨盤を広げる原因となる関節の「恥骨結合」同士が近付くからです。

“「恥骨結合」が広がることは、骨盤が広がる原因になる”と今までのブログや今日の記事でも話しています。

「恥骨結合」が広がりにくい座り方を意識して頂くことが大切です。

女の子座りはその「恥骨結合」が近付く座り方ですので、女の子座りを控える必要はないと考えています。

 

骨盤が開かないために気を付けたい座り方は?

骨盤が開きやすくなってしまう座り方は、ずばり「あぐらをかく」ことです。

事実、授乳をする際にあぐら座りをしているお母さんは多いと思います。

ただし、当院で産後の骨盤矯正を受けて頂く際は、あぐら座りを極力控えてもらうようにしています。唯一、当院からお願いしている注意事項です。

決してあぐら座りが悪いわけではありません。あくまでも骨盤矯正をするうえで、あぐら座りを控えてもらっているだけです。

なぜなら、あぐら座りは「恥骨結合」を離してしまう座り方だからです。つまり骨盤を開かせてしまう座り方なのです。

例えば、出産前に産婦人科の先生に「あぐらをかいて下さい」と言われませんでしたか?それはスムーズに出産をするための骨盤を開かせるアドバイスだったのです。

せっかく骨盤矯正をして骨盤を締めようとしているのに、あぐら座りをすると骨盤が開いてしまうので、極力控えて頂いています。

ただ授乳の際や育児をする際に、どうしてもあぐら座りの方が良い時もあると思いますので、必要最低限でお願いしています。

 

また「あぐら座り」に限らず、ソファや椅子に浅く座り、背もたれに寄り掛かる座り方も控えた方が良いでしょう。

当院では骨盤を矯正する際に腰椎(腰の骨)も一緒に調整します。骨盤と腰の骨は繋がっていますので、骨盤だけではなく腰椎も一緒に調整することが大切になります。

ソファや椅子に浅く座り、背もたれに寄り掛かったりすると、骨盤が後傾してしまい腰椎が丸まってしまいます。

また、妊娠中はお腹が重くなるので、楽な姿勢をとるために骨盤を後傾させ、腰椎を丸めてしまいます。本来の腰椎とは真逆の向きですので、腰に負担が掛かり腰痛の原因にもなります。

あぐら座り、ソファや椅子に浅く座り背もたれに寄り掛かることも控えましょう。

 

骨盤への悪影響が少ない座り方

当院では基本的に「あぐら座り」以外であれば、どんな座り方をして頂いても良いですよと伝えています。骨盤矯正をする目的は、骨盤を締めることですので、骨盤が広がることを極力控えたいからです。

アドバイスとしては、「床に座らず」に「椅子に座る」ことを心掛けて下さい。膝が90度になるように足を床に着けてもらって、深く腰掛け、骨盤が立つように座れると理想的です。

妊娠中、骨盤が後傾し、後傾がクセになっているお母さんが多くいらっしゃいます。

骨盤が後傾したまま座ると腰椎(腰の骨)が丸くなってしまいます。本来は反っているのが正しいポジションになるので、腰も気を付けるポイントです。

当院では座り方の指導、正しい姿勢もお伝えしていますので、産後の骨盤や身体の歪みが心配な方は気兼ねなくご相談下さい。

>>骨盤矯正に関してはこちら

産後骨盤矯正のご案内

新着ブログ

「ひよこクラブ」赤ちゃんを持つお母さんを応援する整骨院として紹介されました!! LINE Instgram KID’S ROOM VOICE お客様の声 BLOG かとう鍼灸整骨院オフィシャルブログ

お役立ち記事一覧

ご予約、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。
電話0120-652-058 午前 08:00 ~ 12:00 午後 16:00 ~ 20:00